現在のページの位置: 旅ろぐねっと > blog > 東北地方 > リンゴと岩木山の似合う弘前城

リンゴと岩木山の似合う弘前城

桜の花が終わる頃にリンゴが開花となる。残雪の岩木山を背景に裾野に広がる白い絨毯は、必見の光景と言える。弘前城は2015年夏から大規模な石垣修理事業が行われるので、その前に現在の姿を見ておこうと思い訪ねた。

2014年5月10日(土)曇りのち晴れ

東北自動車道を一路弘前へ向かう。走行中に日の出を迎え、正面には陽の光を浴びる岩手山が見えた。

岩手山 岩手山
残雪の岩手山

禅林街

弘前市は津軽10万石の城下町として、約400年の歴史ある津軽の古都である。先ずは弘前城からもほど近い禅林街を散策する事にした。禅林街は、並木道に沿って最奥に位置する長勝寺に至まで33の曹洞宗寺院が建っており、寺院の数から通称「禅林三十三ヶ寺」と言われる。

禅林街
赤門を潜ると下寺(したでら)通り
禅林街
藤先寺
禅林街
黒門
禅林街 禅林街
八角形の内部は右回りの回廊と直進階段を併用して昇降。
禅林街
泉光院
海蔵寺 海蔵寺
海蔵寺
長勝寺 長勝寺
江戸時代初期の代表的な建造物
弘前市のマンホール 弘前市のマンホール
リンゴをデザインしたマンホール
弘前市のマンホール 弘前市のマンホール 弘前市のマンホール
弘前市のマンホール
ポスト
弘前らしいポスト

浪漫の町

弘前市街を散策。弘前には文明開化により建てられた独特の洋館が多く残っている。

旧第八師団長官舎
旧第八師団長官舎(弘前市長公舎)
旧弘前市立図書館 旧弘前市立図書館
旧弘前市立図書館
旧東奧義塾外人教師館
旧東奧義塾外人教師館

弘前市の追手門広場にはミニチュア建造物群があり、明治、大正時代に建てられた洋館や商家などを実寸の10分の1の大きさで14棟再現している。ガリバー気分が味わえると言ったところだ。

ミニチュア建造物 ミニチュア建造物
ミニチュア建造物
青森銀行記念館 青森銀行記念館
青森銀行記念館
青森銀行弘前支店
現在の青森銀行弘前支店

藤田記念庭園

藤田記念庭園に入る。藤田記念庭園は弘前市出身の藤田謙一氏の別邸として作られた庭園で、東北地方においては平泉毛越寺庭園に次ぐ大規模なもの。岩木山を眺望する借景式庭園(高台部)と池泉廻遊式庭園(低地部)でそれぞれ違った趣で散策を楽しむことが出来る。洋館の内部も見学可能で、一部は喫茶店になっている。

藤田記念庭園
冠木門と両袖番屋
藤田記念庭園
藤田記念庭園にある洋館外観
藤田記念庭園 藤田記念庭園 藤田記念庭園
洋館
洋館
庭園の中から眺めた洋館裏
茶屋
茶会や会合などに利用できる
水琴窟
水琴窟
藤田記念庭園 藤田記念庭園
水に浮かぶ雪見灯籠
藤田記念庭園
中島
日本庭園 日本庭園
庭園を散策
灯籠 灯籠
大きな灯籠
新緑 スミレ
若葉が奇麗
庭園通路
低地部芝生
ハナショウブ 八ツ橋
ハナショウブが芽を出し始めた
シャクナゲ 崖地
高台へ続く
藤田記念庭園 藤田記念庭園
岩木山を眺望する借景式庭園

弘前公園

弘前城天守がある弘前公園は日本屈指の桜の名所であるが、桜祭りも終わり静かな園内である。遅咲きの桜が楽しめるとあって、そこそこの花見客も見受けられた。

弘前公園
弘前公園の正面玄関
弘前公園 弘前公園
2層の櫓門
追手門
枝垂れ桜がまだ残っていた

追手門から入り先ずは右手にある弘前城植物園を散策する事に。園内は23ゾーンからなり四季折々の花を見ることが出来る。

花 ニリンソウ イカリソウ
可憐な花が咲く
クマとゾウ
動物の形に刈り込まれた植栽
ハナミズキ
街路樹見本園
花時計
花時計とたか丸君
辰巳櫓
櫓の名前は天守から見た方角を12支で示したもので、辰巳は南東に当たる
太郎杉
推定樹齢800年、禅林街長勝寺前の市道中央に立っていたいたもの(2008年枯死)
三の丸庭園
三の丸庭園
東門
東門
ピクニック広場
ピクニック広場
ソメイヨシノ
日本最大幹周(5.37m)のソメイヨシノ
ネズコ
推定樹齢500年以上、青森県が自生の北限。樹の皮が火縄銃の火縄として利用されていた
弘前公園
東口券売所周辺の桜
松月
北の郭に咲く八重咲きのサクラ
天守 天守と下乗橋
本丸、二の丸、北の郭をそれぞれ隔てる濠
鷹丘橋 オシドリ
北の郭の舘神跡近くから眺めた鷹丘橋
岩木山
本丸から岩木山が見える

弘前城天守は、日本に現存する12の天守のうち、最北端に位置する天守である。秋からは内濠を埋立て天守の曳屋(ひきや)が行われる大規模な石垣修理工事が始まる。

弘前城
御三階櫓
岩木山
天守内から眺めた岩木山
本丸
御滝桜は葉桜に
弘前城 弘前城
下乗橋へ向かう

天守閣が後方に70m程度下がった位置に移動される。ここからの眺めが再び見られるのは10年後となる。

天守閣と石垣 天守閣と石垣
下乗橋から天守閣と石垣
天守閣と石垣 天守閣と石垣
天守閣と石垣
南内門 南内門
南内門(ミナミウチモン)
ソメイヨシノ
日本最古のソメイヨシノ
東内門 東内門
東内門(ヒガシウチモン)
玉鹿石 玉鹿石
玉鹿石(ギョッカセキ)

GPSログ

グラフ
GPSログデータ(GPX)

出発時刻:7:46:17
到着時刻:12:15:01
合計時間:4時間28分44秒
合計距離:11.69km
最高標高:74.48m
最低標高:-52.24m
平均速度:2.6km/h

最勝院

長勝寺と並ぶ代表的な寺院で「五重塔の寺」として親しまれている。重要文化財に指定されている五重塔は日本最北に位置するそうである。

最勝院 最勝院
最勝院の隣に神社がある
五重塔
参道を進む
五重塔と鐘楼 五重塔と鐘楼
五重塔と鐘楼
本堂 護摩堂
境内の散策
五重塔 五重塔
五重塔全景

田舎館

弘前市から秘湯八甲田温泉へ向かう。途中でユニークな村役場と標識・田舎館村(いなかだてむら)を見つける。田舎館村は、村おこしで始めた「田んぼアート」が有名で多くの観光客が訪れる。

道の駅
道の駅いなかだて「弥生の里」

八甲田温泉

城ヶ倉大橋を渡った辺りから道路沿いのブナ林は一面の雪景色である。とはいえ八甲田温泉にもようやく春の気配が訪れているようで、雪解けの合間からはフキノトウが顔を覗かせている。

ブナ林 国道103号線
城ヶ倉大橋から1km程走ったあたり

八甲田温泉に早めに到着、辺りを散策する事に。

八甲田山 八甲田山 八甲田山
八甲田温泉の周辺
ブナ林 ミズバショウ ミズバショウ
雪解けの中からミズバショウ
県道242号線 ブナ林
ブナ林は一面に雪が残っている
八甲田温泉 道路標識 道路標識
八甲田温泉へ向かう

ぬくだまりの里 秘湯八甲田温泉

今夜はぬくだまりの里 秘湯八甲田温泉に宿泊。4種の異なる源泉があり、立ち寄り湯も可。炭酸ガスが溶け込んだ「らむね湯」が有名。新大浴場「龍神の湯」はまだ建設中。

秘湯八甲田温泉 秘湯八甲田温泉
ぬくだまりの里 秘湯八甲田温泉
内風呂 内風呂
源泉掛け流しので湯量が多い
露天風呂 露天風呂
源泉掛け流しの露天風呂
津軽のかっちゃの味 すいとん そば
夕食の味覚、美味しい山の幸

2014年5月11日(土)晴れ

早朝、宿の周りを散歩。空気が澄んで気持ちよいが肌寒い。昨日より八甲田山がよく見える。

八甲田山 八甲田山
青空が奇麗!
蕗の薹
蕗の薹が顔を出す
八甲田山 八甲田山
今年は雪が多く田代湿原への橋はまだ架かっていない
ぬくだまりの里
6月オープン予定の大浴場「龍神の湯」
朝食
朝食

城ヶ倉大橋

時間があるので城ヶ倉大橋で景色を眺める。春はこれからと言うところだ。

城ヶ倉大橋
城ヶ倉大橋
岩木山 岩木山
岩木山
八甲田山
八甲田山
城ヶ倉渓流 警察のヘリ 警察のヘリ
城ヶ倉渓流を旋回する警察のヘリコプター
城ヶ倉大橋
橋の案内

追手門広場

昨日の曇り空から一転して青空となったので、再び弘前城へ。青空に天守が映える。その後は弘前市立観光館にも立ち寄った。

弘前城 弘前城
もう一度お城を眺めに行ってみた
弘前城 たか丸君
追手門広場から眺めた岩木山
弘前市立観光館 弘前市立観光館
弘前市立観光館

りんご園を走る五能線

弘前市のりんご収穫量は年間約16万tで日本一である。約600戸でりんごを作っているという。市内には約312万本のりんごの樹が植えられているので、あたり一面りんご園が広がっているのである。さらにりんご園の中を鉄道が走っていて何とも長閑である。

りんご園 りんご園
りんご園の中に線路
岩木山
りんごの花と岩木山
五能線キハ40 五能線キハ40
岩木山を借景にりんご園を走る五能線
五能線
リゾートしらかみ
五能線 五能線
リゾートしらかみ
りんご園 りんご園 りんご園
リンゴの花
岩木山
リンゴ園を後にして

りんご公園

りんご公園に立ち寄る。りんごをテーマにした公園で、りんごの生産体験用や品種見本として65品種 約1300本のりんごの樹を栽植し、花摘みから収穫までの工程を体験できるという。天気が良くなったからか多くの観光客が訪れていた。

岩木山 ポスト
園内を散策
りんご園
裾野に広がるりんご園
りんご公園
すり鉢山からの眺め

旧小山内家住宅は今から約140年前に建てられたもので、解体保存されていたものをりんご公園内に移築、復元したものである。

旧小山内家住宅 旧小山内家住宅 旧小山内家住宅
旧小山内家住宅
岩木山 岩木山
岩木山とリンゴの花
岩木山 リンゴの花
岩木山とリンゴの花
弘前市マンホール
リンゴをデザインしたマンホール

前沢SA

弘前より帰路に着く。途中、前沢SAで一休み。

岩手山
岩手山
前沢SA
前沢SA
南部鉄器 南部鉄器
南部鉄器で有名なだけあり店内には鋳物の作品がある。椅子も南部鉄器で、なんとも重厚。
牛丼 デザート
レストラン一番人気の前沢牛 牛丼

コメントをどうぞ

XHTML: 次のタグを使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

アーカイブ

Feed

メタ情報