現在のページの位置: 旅ろぐねっと > blog

旅ろぐねっと

旅の途中で出会ったいろいろな出来事について、綴っていきます。

本州最東端の地、魹ヶ崎

国土が海に囲まれている日本には数多くの岬が存在する。その中でも本州にある東西南北の端にある4岬の一つ、最東端の魹ヶ崎を訪ねた。また旅の楽しみには宿での食事があるが、7月はウニ漁が解禁されたばかり。天候に大きく左右されるため南三陸での宿泊に期待をこめた。

冬支度の金沢散策と茶屋街の夕べ

冬の風物詩「雪吊り」と新鮮な海の幸を味わえる金沢市を訪れた。美術館や記念館なども多く、特に茶道に関連したミュージアムでは貴重な作品を拝見してとても有意義な時間となった。11月中旬から年末ごろまでの期間が旬となる香箱蟹を始め、冬の短い間限定の貴重で魅力的な食材を頂きまさに至福の旅であった。

秋色の葛根田渓谷と錦秋湖を巡る

十月も半ばを過ぎると陸奥(みちのく)の秋も日に日に深まりを見せる。そんな秋に触れたくて、岩手県の紅葉の名所として名高い葛根田渓谷と錦秋湖を訪ねた。天気には恵まれなかったが、紅葉を愛で、温泉を満喫することが出来た。

千畳敷カールの紅葉と木曽駒ヶ岳登山

木曽駒ヶ岳登山の起点となっている千畳敷カールは、ロープウェイで容易にアプローチ出来る絶景スポットである。例年秋になると鮮やかな紅葉が訪れる人々を魅了する。今年も紅葉が見頃を迎えたとの情報を見て千畳敷カールを訪れた。

尾瀬沼を一周して湿原の草紅葉を満喫

尾瀬の秋は湿原から始まる。樹木が色づく前、草紅葉が湿原を黄金色に染め、一足早く秋の訪れを告げる。夏の間多くのハイカーで賑わいをみせた尾瀬もようやく静かな時を迎える。秋の一日、尾瀬沼一周トレッキングに出かけた。

白馬八方尾根トレッキング

日帰りで白馬八方尾根を訪れた。黒菱ルートを使うとゴンドラに乗らずにリフトを2本乗り継ぐと八方池山荘に到着する。

一面に蓮の花が咲く、伊豆沼・内沼はすまつり

宮城県にある東北地方最大の低地湖沼、伊豆沼・内沼を訪れた。7月20日から「はすまつり」が開催されていて遊覧船が運航されている。また奥松島で今の時期に旬をむかえたウニを味わうのも旅の楽しみである。

若狭・蘇洞門めぐりと福井の歴史探訪

伊吹山をハイキングしてから日本海に出て蘇洞門めぐりと若狭湾の海の幸を堪能する。一乗谷朝倉氏遺跡や大本山永平寺など歴史文化にも触れる。

1 2 3 4 5 6 24

アーカイブ

Feed

メタ情報