現在のページの位置: 旅ろぐねっと > blog

旅ろぐねっと

旅の途中で出会ったいろいろな出来事について、綴っていきます。

一面に蓮の花が咲く、伊豆沼・内沼はすまつり

宮城県にある東北地方最大の低地湖沼、伊豆沼・内沼を訪れた。7月20日から「はすまつり」が開催されていて遊覧船が運航されている。また奥松島で今の時期に旬をむかえたウニを味わうのも旅の楽しみである。

若狭・蘇洞門めぐりと福井の歴史探訪

伊吹山をハイキングしてから日本海に出て蘇洞門めぐりと若狭湾の海の幸を堪能する。一乗谷朝倉氏遺跡や大本山永平寺など歴史文化にも触れる。

チャツボミゴケ群生と湯量豊富な草津温泉

群馬県の天然記念物に指定されているチャツボミゴケ公園を訪れた。このチャツボミゴケ公園は最近人気のスポットとなっているようである。レンゲツツジが咲き始め、青々としたコケとのコントラストも素晴らしい。草津温泉にも立ち寄った。

桧木内川堤の桜並木と岩手山の雪解け

春の到来を感じる秋田・角館と岩手・雫石を訪ねた。北東北の山々でも雪解けが始まり、里山の桜や残雪の山々など、今の季節にしか見られないような景色を眺めることができた。

二本松の桜名所巡り

桜が見頃となった福島県二本松市を訪れた。霞ヶ城公園の桜並木や合戦場のしだれ桜などの名所を巡る。冬の厳しい寒さをじっと耐えた木々の芽吹きが始まり、春の足音が聞こえてくる頃である。桜や菜の花が咲き街全体が花色に染まっていく。岳温泉にも立ち寄る。

いちご日本一の町、真岡の一万本桜まつり

真岡市内には一万本以上の桜があるそうだ。ちょうど「真岡の一万本桜まつり」が開催されているというので、のんびり散策を楽しみに出掛けた。また真岡市は日本一のイチゴ生産地である。真っ赤に染まった完熟イチゴの最盛期を迎えているのでこちらも見逃せない。

栃木のセツブンソウ群生地

セツブンソウの北限の自生地として有名な栃木県・星野の里を訪ねた。近くには星野遺跡やカタクリ群生地もある。

益子焼窯元の町を歩く

益子焼で知られる益子町の雰囲気を味わいに出掛けた。春と秋には益子陶器市が開かれ多くの人が訪れる。500余のテントが立ち並び日用品から美術品まで販売されている。窯元さんと会話をしながら気にいったものを見つけるのも楽しい。

1 2 3 4 5 6 22

アーカイブ

Feed

メタ情報