現在のページの位置: 旅ろぐねっと > blog

旅ろぐねっと

旅の途中で出会ったいろいろな出来事について、綴っていきます。

紅葉の湖南三山と陶芸の里・信楽

滋賀県の湖南三山と陶芸の里・信楽を多訪ねた。湖南市にある国宝を有する3つの寺院は湖南三山と呼ばれており、特に紅葉の時期には多くの人々が訪れる。また信楽では登り窯や窯元の見学なども楽しんだ。

昇仙峡の紅葉を眺める渓谷ウォーキング

富士川の支流にある景勝・昇仙峡を歩く。秩父多摩甲斐国立公園を代表する景勝地と言われ、長潭橋から仙娥滝までの全長約5キロメートルに亘る渓谷である。東京から2時間弱ということもあり、紅葉の見頃時期には多くの人が訪れるという。

鳥海山麓の紅葉と収穫の秋田

秋田県側から鳥海山麓にある大谷地池や象潟九十九島など、色々な角度から鳥海山を眺める。場所によっては紅葉が見頃を迎え、農作物も秋の収穫時期を迎えていた。鳥海山からの伏流水によってもたらされる自然の恵みを感じる地域である。

妙高山麓と山田温泉の滝めぐり

新潟県を代表する山の一つ、妙高山の麓を散策する。山々の紅葉は見頃である。温泉やスキー場など多くの観光施設が点在している。さらに午後は長野県高山村にある山田温泉を訪れた。

国宝犬山城・明治村と知多半島めぐり

愛知県の内陸部から知多半島を巡る。犬山では国宝犬山城や博物館明治村、日本モンキーセンターに立ち寄り、知多半島では南端の羽豆岬から焼き物の町・常滑を散策。

南三陸と登米みやぎの明治村

陸前の海岸を南下して南三陸へ。東日本大震災から4年が経ち、今後の方向性が見えてきた地域もあるようだ。翌日は登米にある石ノ森章太郎故郷記念館とみやぎの明治村を訪ねた。

北信州のふるさと、飯山の夏

長野県北部、千曲川流域にある飯山市を訪ねた。日本有数の豪雪地帯で、雪国ならではの暮らしが営まれてきた場所である。千曲川河畔では春になると黄色い野沢菜の花が一面に広がる風景が見られる。

会津鶴ヶ城と三春の滝桜

会津若松市にある鶴ヶ城から三春の滝桜を巡る。桜は満開で観光シーズン真っ盛り。

アーカイブ

Feed

メタ情報