現在のページの位置: 旅ろぐねっと > 2010年

旅ろぐねっと

旅の途中で出会ったいろいろな出来事について、綴っていきます。

花貫渓谷と五浦海岸・六角堂

紅葉も終わりに近づく11月下旬、茨城県の紅葉スポットを訪れた。花貫渓谷散策と土岳への軽いウォーキングを楽しんだ後は岡倉天心ゆかりの地へ。海沿いの新鮮な魚、小名浜いわき・ら・ら・ミュウで買い物と食事も外せない。

席開きと自然が織りなす錦秋を訪ねた奈良、京都

何かと親しみのある奈良・京都ですが、朝晩の冷え込みも厳しくなり紅葉シーズンもそろそろ見頃を迎えようとしていました。席開きのご招待で奈良を訪ね、ついでに京都らしさをのんびりと楽しんだ2泊3日(11/14~16)の旅でした。

秋の鳴子峡を歩く

「鳴子峡の紅葉も最盛期では…」と思い先週に引き続き再度訪ねてみた。一週間で色付きも増し、陽の光に照らされた渓谷は見事なまでの景観で、まさに「錦秋」である。鳴子ダムではダムの内部を見学。また湧出量も豊富な鳴子温泉・源泉掛け流しの湯は身も心も温まり秋満喫の旅となった。

陸奥(みちのく)山寺と鳴子

紅葉見頃を迎えた滑川温泉を再び訪ね、そのあと山寺から奥松島へのコースであった。翌日は早めの帰宅を予定していたが、ちょうど近くにあった台風は宿泊した晩から明け方にかけて房総半島沖を北東へ進み福島県沖で温帯低気圧に変わってしまった。そんな訳で翌日は鳴子温泉まで訪ねた旅であった。

日本の原風景・白川郷と紅葉満喫・白山スーパー林道

紅葉便りによると白山スーパー林道の紅葉が見頃を迎えているらしい。「温泉に泊まって片道無料キャンペーン」を利用して、一里野温泉に一泊する白山スーパー林道往復コース、のんびり紅葉満喫のドライブに出掛けた。最寄りの高速道ICが白川郷ということもあり、せっかくなので世界遺産(文化遺産)にも登録されている白川郷を訪ねた。民話の世界そのままの長閑な風景が残る町並みを散策すれば、まるで絵本の中に紛れ込んでしまったような不思議な感覚である。

吾妻渓流から秘湯めぐり

例年ならば10月は天気も安定して行楽日和なのだが、今年は爽やかな秋晴れがなかなか難しい週末続きである。「米沢牛」に惹かれ早めの予約を入れていた米沢 小野川温泉を訪ねながら紅葉も楽しもうと出掛けた。裏磐梯には、磐梯山の噴火で出来たたくさんの湖沼があり軽いトレッキングにはちょうど良い。旧西吾妻スカイバレーから白布温泉街を通り米沢へ向かうコースである。

紅葉の八幡平と南三陸

紅葉も北海道から始まり東北へ下りてきたようだ。9月下旬頃から週末になると天気が悪く、ほとんどが雨模様。八幡平だけは曇りの予報だったので、少し心配しつつ訪れてみた。軽い散策と後生掛温泉に立ち寄り湯、その後は三陸海岸へ出て一泊、新鮮な魚介類を楽しむコースであった。

岩壁の上へ。瑞牆山 日帰りハイキング

夏も終わりに近づく頃、日帰り登山に頃合いで、日本百名山のひとつでもある瑞牆山を訪ねた。奥秩父に位置する瑞牆山は富士山にもほど近く、山頂からの眺めは360度の大パノラマ。独特の岩峰とあってロッククライマーにも人気のようだ。下山後は近くにある増富温泉に立ち寄り汗を流す。

[PR] じゃらん

    アーカイブ

    Feed

    メタ情報