現在のページの位置: 旅ろぐねっと > blog > 東北地方 > 花貫渓谷と五浦海岸・六角堂

花貫渓谷と五浦海岸・六角堂

紅葉も終わりに近づく11月下旬、茨城県の紅葉スポットを訪れた。花貫渓谷散策と土岳への軽いウォーキングを楽しんだ後は岡倉天心ゆかりの地へ。海沿いの新鮮な魚、小名浜いわき・ら・ら・ミュウで買い物と食事も外せない。

2010年11月21日(土)晴れ

花貫渓谷

花貫渓谷は、紅葉シーズンのみ汐見吊橋方面への車両の乗り入れが禁止されている。今回は朝早くに到着したので花貫駐車場には5~6台の車がいるのみ。まだ薄暗いので皆車内で待機していた。県内外から多くの観光客が訪れるため、周辺の駐車場(11月のみ有料)は午前中のうちに満車となる。午後ともなれば空きを待つ車や、道路の両側の路上駐車の列で渋滞する。

花貫駐車場から小滝沢キャンプ場付近が紅葉狩りの中心で、特に花貫川に架かる汐見滝吊り橋付近は沢山の人が訪れる人気の紅葉スポット。吊り橋を渡り中程あたりから下方を見下ろすと汐見滝がある。川沿いに生い茂る木々の枝が左右からせり出し、華やかな紅葉のトンネルである。

花貫渓谷 花貫渓谷 花貫渓谷
まだ朝早い。もう少し陽の光が欲しいところだが、陽がさす頃は人がいっぱいになる

花貫駐車場付近は案の定混雑しており461号線は渋滞していた。坂ノ上登山口入口方面はスイスイ、けやき平駐車場を目指す。

GPSログ

グラフ
GPSログデータ(GPX)

出発時刻:6:41:08
到着時刻:7:42:03
合計時間:1時間00分55秒
合計距離:3.86km
最高標高:352.93m
最低標高:198.25m
平均速度:3.92km/h

土岳

けやき平駐車場に到着。歩き始めてすぐに上の平キャンプ場があり、さらに20分ほど歩くと広い芝生でおおわれた山頂に到着。360度の大パノラマが広がる山頂からは、筑波山や富士山、那須連峰などを望むことができる。気軽に楽しめる山だ。

けやき平キャンプ場 けやき平キャンプ場
けやき平キャンプ場の脇の道を登る
土岳
土岳(599.7m)展望台からの眺め
紅葉 残花
登山道は鮮やかな紅葉

GPSログ

グラフ
GPSログデータ(GPX)

出発時刻:8:07:27
到着時刻:9:24:27
合計時間:1時間17分00秒
合計距離:2.43km
最高標高:598.24m
最低標高:453.44m
平均速度:2.49km/h

茨城大学五浦美術文化研究所

五浦海岸の茨城大学五浦美術文化研究所内にある六角堂を見学した。

茨城大学五浦美術文化研究所 茨城大学五浦美術文化研究所
正面入口から中へ
茨城大学五浦美術文化研究所 茨城大学五浦美術文化研究所
太平洋の白波
六角堂 六角堂 六角堂
岡倉天心が思索にふけったと伝えられる六角堂
茨城大学五浦美術文化研究所
旧天心邸
茨城大学五浦美術文化研究所
石碑「アジアは一つ」

五浦散策

菱田春草の碑
菱田春草の碑
岡倉天心の墓
岡倉天心の墓
路傍の花と真っ青な空

茨城県天心記念五浦美術館

岡倉天心、横山大観などの貴重な書簡や写真、また遺品などが展示されている。

茨城県天心記念五浦美術館
茨城県天心記念五浦美術館 茨城県天心記念五浦美術館
太平洋を見渡せる鴎雲(おううん)広場からの眺め

五浦観光ホテル

五浦温泉の立ち寄り湯へ。別館大観荘「大観の湯」の露天風呂で太平洋を眺めながらのんびり。

五浦観光ホテル
長い廊下の先に露天風呂がある

いわき・ら・ら・ミュウ

「いわきのいいものぜんぶある」をキャッチフレーズにした観光物産センターで食事と買い物をした。量が多いのだがその分お買い得なので自家製干物などにちょうど良い。

いわき・ら・ら・ミュウ いわき・ら・ら・ミュウ いわき・ら・ら・ミュウ
港直送の海の幸が手頃な値段でゲット出来る
いわき・ら・ら・ミュウ アクアマリンふくしま
小名浜港

コメントをどうぞ

XHTML: 次のタグを使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

[PR] じゃらん

    アーカイブ

    Feed

    メタ情報