現在のページの位置: 旅ろぐねっと > blog > 関東地方 > 東京一望 開業49年目の東京タワー

東京一望 開業49年目の東京タワー

2007年5月5日(土)晴れ

東京・港区にある東京タワー。東京圏をカバーする電波塔としての役割がメインだが、実際に建設されたのはテレビジョン放送の開始(1953年)より5年後の1958年(昭和33年)。高さは約333メートルで、パリのエッフェル塔よりも高く、自立式鉄塔としては世界で最も高い建造物だ(2007年現在)。また電波塔としての役割だけでなく、温度・地震等の観測設備や、各種アンテナなどが取り付けられているのだそう。

東京タワー
時代と共にその姿を変えてきた東京タワー

正面玄関の前には東京タワーのマスコット「ノッポン」くんが立っているのが見える。とりあえず握手しよう。そしていよいよタワーの上へ行くのだが、これには階段コースとエレベータコースがあり、どちらを選ぶかは自由。今回は階段コースに挑戦してみた。東京タワーフットタウン屋上から階段を昇り始める。案内によれば大展望台までの階段は600段とのこと。

東京タワー 真下から 東京タワー 鉄骨 東京タワー 鉄骨 東京タワー 鉄骨
5年ごとにペンキを塗るらしい

階段を昇れば昇るほど景色は良くなっていくが、同時に風が強くなってくる。足下から下が見えるというわけではないので、それほど恐怖感はないのではなかろうか。ちなみに、階段を昇りきれば「ノッポン公認 昇り階段認定証」をもらうことができる。

東京
関東一円を見渡すことができる

コメントをどうぞ

XHTML: 次のタグを使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

アーカイブ

Feed

メタ情報