現在のページの位置: 旅ろぐねっと > blog > 関東地方 > 偕楽園と弘道館の梅まつり

偕楽園と弘道館の梅まつり

水戸の偕楽園では梅の花が見頃を迎えている。梅祭り期間中、偕楽園と弘道館で梅を観賞した。

2015年3月14日(土)晴れ

水戸の偕楽園は、金沢の兼六園や岡山の後楽園と並ぶ日本三名園の一つ。第九代水戸藩主の徳川斉昭公によって造営され、特に梅の庭園として知られている。千波湖を望む高台にあり、梅祭り期間中は臨時の偕楽園駅にも常磐線の列車が停まる。

黒鳥
千波湖畔を歩く
D51 515
近くに機関車が置かれている
水戸光圀像
徳川光圀公(水戸黄門)の像がいくつもある

偕楽園

駅から表門まで距離があるため、現在は東門が事実上の入口となっている。偕楽園は水戸藩主徳川斉昭が開設した庭園で、約3000株の梅林を有している。かつては1万株とも言われる梅林が広がっていたという。

偕楽園東門
東門
梅
徳川斉昭は飢饉と軍旅への備えから梅林を作った
梅 梅
満開
梅
苔むした幹
梅 梅 梅
梅林を散策
偕楽園御成門
御成門
白難波
水戸の六名木の一つ「白難波」
好文亭表門
表門は黒門とも呼ばれる
一の木戸 孟宗竹
一の木戸と孟宗竹
吐玉泉
吐玉泉(とぎょくせん)は東日本大震災後に水質が変わったらしい

好文亭

徳川斉昭公が設計した御殿で、好文亭の名は梅の別名「好文木」に由来するという。三階部分の楽寿楼からは遠くに筑波山も見える。眼下には梅と千波湖(せんばこ)が望める。

梅 しだれ梅
しだれ梅
待合
茶室の隣にある待合
庭 好文亭
好文亭の庭
楽寿楼
楽寿楼
千波湖
楽寿楼からの眺め
好文亭 梅
好文亭
梅 梅
梅 梅 梅
梅林

常磐神社

偕楽園の隣には徳川光圀公・徳川斉昭公を祀る常磐神社がある。徳川光圀は水戸黄門の名で知られる徳川家2代の水戸藩主で、文化財の保護などに取り組んだという。「本朝之史記」(のちの「大日本史」)を編纂した人物である。徳川斉昭は水戸藩主徳川家9代で烈公と呼ばれる。天保の改革を実行した。

常磐神社 鳥居
入口
常磐稲荷神社 常磐神社
常磐稲荷神社
猿芸
猿芸のイベント

漫遊バス

梅まつりに合わせた数日間、市内を周遊する「漫遊バス」が運行されている。NPOバス保存会が保存しているボンネットバスが活躍。

BXD30
弘道館まで漫遊バスで移動

弘道館

弘道館は徳川斉昭公が開設した日本最大の藩校で、学問と武芸を学ぶ場であった。長州藩士の吉田松陰も立ち寄ったとされ、明治時代には県庁が置かれていた時期もあった。明治維新の際に弘道館の戦いで多くの建物が焼失した。同名の藩校は佐賀藩・彦根藩にも存在した。

梅
梅が見頃
梅 井戸 弘道館
庭を散策できる
弘道館 弘道館
弘道館
梅
弘道館正門
正門
茨城百景の碑
茨城百景の碑
水戸市マンホール
ウメをデザインした水戸市雨水管マンホール
マンホール マンホール
偕楽園好文亭とウメとツツジをデザインしたマンホール
グレーチング
ハクセキレイとウメをデザインした側溝の蓋

コメントをどうぞ

XHTML: 次のタグを使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

アーカイブ

Feed

メタ情報