現在のページの位置: 旅ろぐねっと > blog > 関東地方 > 昇仙峡の紅葉を眺める渓谷ウォーキング

昇仙峡の紅葉を眺める渓谷ウォーキング

富士川の支流にある景勝・昇仙峡を歩く。秩父多摩甲斐国立公園を代表する景勝地と言われ、長潭橋から仙娥滝までの全長約5キロメートルに亘る渓谷である。東京から2時間弱ということもあり、紅葉の見頃時期には多くの人が訪れるという。

2015年10月30日(日)晴れ

昇仙峡ウォーキング

現地に着いてみると紅葉の時期としてはまだ早めのようである。長潭橋がかかる昇仙峡下流から荒川沿いの道を上流へ歩く。渓谷道路は舗装されており昼間には馬車も通るが、土・日・祭日は自動車の乗り入れが規制される。

長潭橋
大正14年に竣工したアーチ橋

左手に川を眺めながら緩やかな登り坂が続く渓谷道路を歩く。渓谷内には点々と景勝地があり、特に道路から見える特徴的な岩にはそれぞれ名前が付けられている。

トテ馬車
登りはきつい
大仏岩 大仏岩
大仏岩
はまぐり岩 まつたけ岩 オットセイ岩 トーフ岩
この辺りは名前のついた奇岩が多い
寒山拾得岩 寒山拾得岩
寒山拾得岩

天鼓林

林の中の限られた場所に立って足を強く踏み鳴らすと地中からポンポンと鼓の音に似た共鳴音が還って来るという。

天鼓林 天鼓林
天鼓林
紅葉
天鼓林周辺
荒川
紅葉の頃は絶景スポットのようだ

羅漢寺

川の対岸には羅漢寺がある。かつては「北山筋の高野山」と呼ばれた真言宗寺院で、後に曹洞宗寺院となったそうである。本尊として木造阿弥陀如来坐像が祀られている。

愛のかけ橋 コウヤボウキ
愛のかけ橋を渡り羅漢寺へ
羅漢寺 羅漢寺橋
羅漢寺橋を渡り荒川沿いの道へ戻る
有明橋
有明橋

覚円峰

さらに土産物店が並ぶ場所を過ぎて少し歩くと、いよいよ昇仙峡で最も有名な岩「覚円峰」が見えてくる。覚円峰は「覚円が畳が数畳敷ける広さの頂上で修行した」と伝えられる。

覚円峰 覚円峰
昇仙峡のシンボル 覚円峰

石門

続いて巨大な岩が覆い被さったような「石門」を抜ける。岩が重なっているようにも見えるが、岩戸岩戸の間にはわずかな隙間がある。

石門
巨大な花崗岩に囲まれた石門
昇仙橋からの眺め
昇仙橋からの眺め

仙娥滝

昇仙橋を過ぎると右手に仙娥滝が見える。仙娥滝は高さが30mあり、日本の滝百選に選ばれている。ちなみに仙娥滝を見るだけであれば、上流側にあるバス停や駐車場から歩くのが近い。

仙娥滝
地殻の断層によってできたとされる仙娥滝

荒川ダム

昇仙峡の上流にありダム周辺に広がる森は、御岳昇仙峡水源の森として「水源の森百選」に指定されている。奇麗な紅葉が見られそうだ。

荒川ダム 荒川ダム
ロックフィルダム形式の荒川ダム(能泉湖)
荒川大橋
能泉湖

板敷渓谷

昇仙峡の隠れたパワースポットと言われている。中津森トンネル手前に専用の駐車場があり入口の看板を降りると橋の直下に白髪滝がある。そこから15分程、渓谷の涼やかな風を感じながら遊歩道を歩くと大滝に到着する。

板敷渓谷入口周辺
板敷渓谷入口周辺
白髪滝
中津森トンネルへと続く橋の直下にある白髪滝
板敷渓谷
遊歩道を歩く
大滝 大滝
昇仙峡上流にある板敷渓谷大滝

佐久へ

引き続き天気も良いので、八ヶ岳を眺めながら清里、野辺山を通り佐久へ向かった。

直売センター よってけし
直売センター よってけし韮崎店
韮崎市マンホール
市の花:レンゲツツジと市の鳥:チョウゲンボウとスズランがデザインされた韮崎市マンホール

ちょうど昼時、平打ち蕎麦の看板を見つけて入った店である。お店は2階にあり見晴らしが良く開放感いっぱいで、店主のこだわりが感じられる。

せいろ
こだわりの平打ち蕎麦
北杜市高根保健センター
鮮やかな紅葉

佐久穂町で栽培された安全安心な農産物を手に入れることが出来る。無農薬のトマトや葉物はとりわけ有り難い。

佐久穂町農産物直売所
農産物直売所 まちの駅

日が暮れる頃、最後は大谷地鉱泉と佐久の草笛(蕎麦屋)に立ち寄った。

大谷地鉱泉
普通のお家のような感覚
もりそば
最後に佐久の草笛で蕎麦
南佐久市マンホール
合併前の各町村の花 菊(旧佐久町)更紗灯台躑躅(小海町)九輪草(旧八千穂村)桔梗(旧臼田町)

コメントをどうぞ

XHTML: 次のタグを使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

アーカイブ

Feed

メタ情報