現在のページの位置: 旅ろぐねっと > blog > 東北地方 > 鳥海山麓の紅葉と収穫の秋田

鳥海山麓の紅葉と収穫の秋田

秋田県側から鳥海山麓にある大谷地池や象潟九十九島など、色々な角度から鳥海山を眺める。場所によっては紅葉が見頃を迎え、農作物も秋の収穫時期を迎えていた。鳥海山からの伏流水によってもたらされる自然の恵みを感じる地域である。

2015年10月10日(土)晴れ

錦秋湖SA

鳥海山を見る前に、秋田自動車道の錦秋湖SAに立ち寄った。敷地内に栗園があり自由に栗拾いができる。大きな栗を沢山収穫できた。

錦秋湖SA栗園 錦秋湖SA
錦秋湖SA

長谷寺

由利本荘市赤田にある曹洞宗の寺院である。高さ約9m、木製金箔押しの長谷十一面観音立像は通称赤田大仏と呼ばれ奈良県桜井市の長谷寺、神奈川県鎌倉市の長谷寺と並び日本三大長谷観音の一つと言われている。

長谷寺 長谷寺
長谷寺本堂
長谷寺
高さ約9m、木製金箔押しの長谷十一面観音立像

由利高原鉄道 鳥海山ろく線

由利高原鉄道の鳥海山ろく線は羽後本荘と矢島を結ぶ地方路線。晴れた日には車窓より鳥海山が望める。

YR-3000形 YR-3000形
YR-3000形
鳥海山をバックに走る
YR-2002 YR-2002

国道108号(矢島街道)沿いにある「ゆりちゃん市場」へ。子吉川流域の肥沃な土地と温度差の多い鳥海高原で栽培した高原野菜を扱っていて、新鮮で安心な野菜が手に入る。

ゆりちゃん市場
ゆりちゃん市場

大谷地池

標高400m、鳥海高原南由利原青少年旅行村に隣接する人工湖で鳥海山の眺望スポットとなっている。遊歩道やサイクリングロードが巡り四季折々の自然が満喫できるようだ。天候があまり思わしくなかったのではっきりとした鳥海山は望めなかった。

大谷地池 大谷地池
鳥海山を望む
大谷地池
鳥海山を望む
由利本荘市マンホール
由利本荘市(旧本荘市)ごてんまりと旧本荘市の木クロマツ、市の花ハナショウブのデザイン
由利本荘市マンホール
由利本荘市(旧由利町)ユリのデザイン

にかほ市散策

にかほ市は由利郡仁賀保町・金浦町・象潟町が合併して発足した。象潟独特の風景を眺める事にした。

道の駅

象潟町を360度眺めることが出来る、道の駅象潟「ねむの丘」にある展望塔に立ち寄った。日本海に沈む夕日のスポットにもなっている。陸側の眼下に見えるのは九十九島。

道の駅象潟
道の駅象潟「ねむの丘」
九十九島 日本海
道の駅象潟6F展望塔からの眺め

象潟九十九島

九十九島は江戸時代まで60程の島々だったが、大地震で地盤が隆起し、現在は田園地帯に浮かんでいるように見える。絶景として松島と並び称されたとも言われる。

象潟九十九島 象潟九十九島
水田の中に小島がある
にかほ市
海岸と灯台と日本海の夕日、ミズバショウ(仁賀保町) フクジュソウ(金浦町)ねむの花(象潟町)旧町の花をデザインした
旧象潟町のマンホール
九十九島と日本海の夕日、町の木クロマツをデザインしたマンホール

蚶満寺

比叡山廷暦寺の慈覚大師円仁が開山したといわれ、九十九島の要にあった古刹である。松尾芭蕉が「奥の細道」で訪れたといわれ境内には松尾芭蕉の像がある。

蚶満寺 蚶満寺
江戸中期の建造とされる山門
松尾芭蕉の像 トリカブト
松尾芭蕉の像

金峰神社・奈曽の白滝

続いて奈曽の白滝に立ち寄る。金峰神社の参道の途中に滝へと下る道がある。長い石段を下っていくと、うっそうと茂る木々に囲まれた奈曽の白滝が見える。

金峰神社 金峰神社
金峰神社参道
金峰神社
金峰神社 社殿
奈曽の白滝 奈曽の白滝
奈曽の白滝(落差26m 滝幅11m)
奈曽川
滝の下流側
ねがい橋 ねがい橋
ねがい橋を渡って対岸へ
にかほ市マンホール
奈曽の白滝とねがい橋をデザインしたマンホール

元滝伏流水

以前にも訪ねたが、迫力ある神秘的な滝は何度見ても飽きることはない。鳥海山に染み込んだ水が80年の歳月をかけ、幅約30mの岩肌一帯から一日5万トンもの水が湧き出している滝と言う。

元滝伏流水 元滝伏流水
幾筋の線となって流れ落ちる
元滝伏流水 元滝伏流水
白い水と緑の苔とのコントラストが何とも言えない

夕陽

夕陽もまた象潟名物の一つで、日本海に沈む様子を拝むことができる。

小砂川海岸 小砂川海岸
東北六十景に選ばれた小砂川(こさがわ)海岸
日本海の夕陽
日本海の夕陽
日本海の夕陽
日本海の夕陽
日本海の夕陽
日本海の夕陽
松本旅館
松本旅館
夕食 朝食
夕食と朝食
鳥海山
鳥海山

2015年10月11日(土)曇り時々雨

羽越本線

海岸沿いを羽越本線が走っている。

701系
普通電車
E653系
特急いなほ
上浜中央のマンホール
日本海に沈む夕日と松、岩場にとまるウミウ(旧象潟町の鳥)をデザインした上浜(かみはま)中央のマンホール

紅葉狩り

鳥海山の北側から獅子が鼻湿原方面へ進むと、途中でちょうど見頃の紅葉が見られた。さらに猿倉登山道入口を過ぎて法体の滝へと下る。

曇り空
紅葉 紅葉
この辺りの紅葉は見頃

法体の滝と玉田渓谷

法体の滝から上流の玉田渓谷を散策。法体の滝を下から眺めるだけでも楽しめるが、展望台まで行けばさらに良い景色が見られる。

法体の滝 法体の滝
法体園地からの眺め
紅葉
吊り橋を渡り展望台へ
法体の滝 法体の滝
展望台からの法体の滝
三の滝上方
三の滝上方、下は滝壺

一の滝、二の滝を見ながら渓谷沿いの遊歩道を歩く。

一の滝と二の滝 一の滝と二の滝
法体の滝 一の滝と二の滝周辺は足場が悪い
玉田渓谷
玉田渓谷遊歩道
小吉川
玉田渓谷小吉川の流れ
ツルリンドウ ツルリンドウ
紅紫色の実
玉田渓谷遊歩道 小吉川
玉田渓谷遊歩道
玉田渓谷
渓流

川の流れが急になり道が険しくなってきたあたりで洞合の大甌穴に到着。

洞合の大甌穴 洞合の大甌穴
半径5mで半円洞窟状の大甌穴

近くにある木造の洞合橋は「壊れていて危険なので渡れません。」の表示があり引き返した。

玉田渓谷遊歩道 玉田渓谷遊歩道
玉田渓谷遊歩道

なお下流域の百宅地区には鳥海ダムの建設が予定されており、滝周辺の道路が一時的に通行できなくなる可能性もある。

仙台

法体園地駐車場を後にし仙台方面へ向かう。鳴子温泉で立ち寄り湯、手足を伸ばしてゆっくりしてから、ホテルメルパルク仙台で夕食をとり帰路につく。

仙台牛タン焼とお造り御膳 お造り御膳
夕食

コメントをどうぞ

XHTML: 次のタグを使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

アーカイブ

Feed

メタ情報