現在のページの位置:

出羽の独立峰 鳥海山に挑む

秋田・山形の最高峰である鳥海山へ登山した。山小屋に泊まらずに戻るため所要時間も比較的長く、余裕を持った山行計画を心がけた。翌日は鳥海山麓にて2時間程度のウォーキングを行った。

2012年8月4日(土)晴れ

鉾立登山口から御浜小屋

早朝4時前に到着したときは周囲が真っ暗だったが次第に周囲が明るくなってきた。見回せばそれなりに登山者の姿もあり、道のり(往復10時間ほど)を考えればのんびりはしていられない。

鉾立登山口
登山口
鳥海山展望台
展望台から山頂が見える
石畳
賽の河原まで石畳の登山道が続く
案内標
秋田・山形県境
ニッコウキスゲ
ちらほらと花も出てきた
天気が良さそうだ
賽の河原
御浜小屋の手前
御浜小屋の手前にて

鳥海湖

2時間程歩いて御浜小屋に着いた。完全に日も昇り良い天気で鳥海湖もよく見える。鳥海湖の周囲にはわずかに残雪も見える。

鳥海湖 鳥海湖
鳥海湖
鳥海湖 鳥海湖
鳥海湖

御浜から七五三掛

御浜からは鳥海湖を右手に見ながら少し下る。このあたりがちょうどお花畑のようになっており、キスゲやチングルマ、ハクサンシャジンなど多くの植物が見られる。

鳥海湖 鳥海湖
右手に鳥海湖
鳥海湖 鳥海湖
右手に鳥海湖
御田ヶ原 御田ヶ原
御田ヶ原から望む鳥海山
ハクサンシャジンやフウロソウなど豊富
ニッコウキスゲ
ニッコウキスゲ
チングルマ
チングルマ
石段 石段
少し下ってから上りになる
お花畑
お花畑

七五三掛から山頂

しばらくして分岐・七五三掛に到着。ここから山頂へは、往路に千蛇谷ルート、復路に外輪山ルートを使うことにした。崩落により、実際には七五三掛から少し上ったところに分岐がある。しばらく歩くと千蛇谷の雪渓が見えてくる。千蛇谷を横切り、右手に外輪山を眺めながら徐々に高度を上げていく。

七五三掛
七五三掛を見る
七五三掛 七五三掛
分岐近くにあるはしご
雪渓 雪渓 雪渓
千蛇谷の雪渓を横断
山頂が見えてきた
千蛇谷を振り返る

御室

溶岩の道を上りきって御室小屋に到着。すでに多くの登山客が集まっている。バイオトイレが整備されており、なかなか綺麗だ。

御室小屋より
外輪山
イワブクロ
イワブクロ
新山山頂 新山山頂
新山
新山山頂 新山山頂
新山山頂

山頂より下山

下山コースは外輪山ルートを使う。千蛇谷を右下に見ながら尾根道を進むコースである。道幅はそれほど広くないが、すれ違いなどは余裕。

山頂を振り返る 新山 新山と小屋
外輪山コースから新山を眺める
外輪山
外輪山
滝の小屋へ 外輪山コース
低木帯が広がる
文殊岳
文殊岳

GPSログ

グラフ
GPSログデータ(GPX)

出発時刻:4:37:34
到着時刻:15:15:22
合計時間:10時間37分48秒
合計距離:15.12km
最高標高:2176.97m
最低標高:1151.3m
平均速度:1.42km/h

吹浦にて宿泊

下山後は鳥海温泉 遊楽里に立ち寄りリフレッシュ。本日はドライブインよしのに宿泊。夕陽スポットとして知られ、日本海に沈む綺麗な夕陽が見られる。

ドライブインよしの
ドライブインよしの
ドライブインよしの ドライブインよしの
夕食
夕陽
出羽二見の夕陽

2012年8月5日(日)晴れ

朝の散歩

本日も晴天なり。朝の散歩に向かう。羽越本線にほど近く早朝から列車の音がこだましている。道を歩く人の姿もまばらだったが、駅の近くで声がするので近づいてみると、梅干しを作っている真っ最中。かなり量があるので自宅用なのかと尋ねてみたら、お裾分けするのだそうだ。

吹浦駅 吹浦駅
吹浦駅
吹浦駅
朝一番の列車がやってきた
遊佐町のマンホール
鳥海山とチョウカイフスマ
梅干し
梅干しを試食
朝食
朝食

十六羅漢岩

吹浦駅からそれほど遠くない海岸に十六羅漢岩がある。海岸の岩に多くの仏像が彫られているもので、遠くから見ればただの岩のように見えるが、近くで見れば確かに不思議な仏像である。

十六羅漢岩 十六羅漢岩 十六羅漢岩
十六羅漢岩
歌碑
歌碑もある
駐車場
サンセット十六羅漢の駐車場

二ノ滝口

鳥海山への登山ルートの一つでもある二ノ滝口へ足を延ばした。二ノ滝口からの山頂への登山ルートは特に距離が長く健脚向きだが、今回は二ノ滝までの遊歩道ハイキングということで気が楽だ。また遊佐から二ノ滝駐車場へ向かう途中には「おいしい水」として知られる胴腹滝があり、訪れたときにも数人が水を汲みに来ていた。

胴腹滝 胴腹滝
胴腹滝
胴腹滝
水を汲みに来る人が絶えないそうだ
一ノ滝 入口
遊歩道の入口に立つ鳥居
一ノ滝 一ノ滝
一ノ滝の展望台が工事中で入れず、やや遠くからの眺め。
二ノ滝 二ノ滝
二ノ滝までは約20分

月山そば

月山の近くで立ち寄り湯とそば屋に立ち寄った。

手打そば 茂右衛門 手打そば 茂右衛門
そば

コメントをどうぞ

XHTML: 次のタグを使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

アーカイブ

Feed

メタ情報