現在のページの位置:

水面の北アルプスとミズバショウの里・鬼無里

先週に引き続き長野へ。青鬼集落の棚田と大出吊橋をもう一度訪ねてから、雪解けと共に見頃を迎えた「ミズバショウの里」鬼無里・奧裾花自然園で軽い散策を楽しんだ。その後はお蕎麦屋さんと八方温泉を堪能した。

2011年5月21日(土)晴れ時々曇り

青鬼集落

「田植えがそろそろ終わったかな~?まだかな~?」と思いつつ、もう一度前回よりも少し早い時間に訪ねてみた。風もなく穏やかな朝を迎え、棚田の水面には北アルプスが鮮明に映し出され鏡の世界であった。

北アルプスと棚田 北アルプスと棚田
鏡の世界
北アルプスと棚田
日本の棚田百選、標高約760mの山間の長閑な村

棚田には稲苗が準備され、まるで水に浮く浮島のようである。数日で田植えも終わり、稲の成長と共に夏の景色へと変わるのであろう。

稲苗 棚田
左:田植え前/右:田植えの後

茅葺屋根(現在は鉄板被覆)の建物は、屋根の正面が兜造り、2階の壁面が白壁と化粧貫という意匠で統一されている。

茅葺屋根 茅葺屋根 茅葺屋根
本当の茅葺屋根だったらもっといいのに残念!
春の訪れ
道祖神 サイダーの空瓶
道すがら見つけた石仏と雪解け水のサイダー

大出公園

鬼無里へむかう途中で大出公園にも立ち寄る。白馬連峰を背景に姫川に架かる大出吊橋の眺めは、先日(一週間前)よりも新緑の青葉が大きくなっているような…?色も濃くなったような…?

白馬連峰と大出吊橋 白馬連峰と大出吊橋
夕焼けも素晴らしいとのこと

鬼無里・奧裾花自然園

ミズバショウが見頃なところを探したら鬼無里・奧裾花自然園があった。尾瀬と並び称される程名高い「ミズバショウの里」で、ブナ原生林の間に広がる湿原を81万本のミズバショウの大群落が真っ白に埋め尽くしている。新潟県境に近い裾花川の源流部にあり、一帯は林野庁の「水源の森百選」にも選ばれている。

白馬連峰
鬼無里へむかう途中
観光センターと食堂・売店
自然園行きのシャトルバスがある

観光センターから奧裾花自然園迄の間(徒歩20分又シャトルバス10分)は奧裾花自然歩道になっていてマイカーの乗り入れは禁止されている。

奧裾花自然歩道 奧裾花自然歩道
奧裾花社の前に小さな池があり…モリアオガエルとクロサンショウウオが生息
キフジ サクラ
木々の芽吹きや花を眺めながら歩くのも良い
奧裾花自然歩道 戸隠西岳連峰 戸隠西岳連峰
やっと春を迎えたばかり、彼方此方に雪が残っている
蕗の薹
雪の下から蕗の薹が顔を出す
今池湿原 今池湿原 今池湿原
今池湿原 今池湿原 今池湿原
今池湿原と中西山(標高1741m)
今池湿原
今池コース
スミレの花 ニリンソウの花 キクザキイチゲの花
可憐に咲く花たち
吉池 ブナ原生林
吉池のまわりは雪解けが遅いようだ!
こうみ平湿原 ブナの木
雪の下からミズバショウが顔を覗かせている

GPSログ

グラフ
GPSログデータ(GPX)

出発時刻:9:39:28
到着時刻:12:10:28
合計時間:2時間31分00秒
合計距離:7.59km
最高標高:1309.36m
最低標高:1167.77m
平均速度:3.29km/h

コメントをどうぞ

XHTML: 次のタグを使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

アーカイブ

Feed

メタ情報