現在のページの位置: 旅ろぐねっと > blog > 中部地方 > カタクリの国上山と弥彦山をめぐる春の桜ライン

カタクリの国上山と弥彦山をめぐる春の桜ライン

長野から新潟へ、姫川沿いを日本海へと下る。サクラの開花は場所によってまちまちだが、標高によって開花状況が違うというのもはっきり見て取れた。まだ残雪のある遊歩道はやや歩きづらいが、雪解けとともに随所に春の芽吹きがあり、冬の終わりと春の訪れを感じる。

2012年4月28日(土)晴れ

姫川源流

まだ残雪のある遊歩道はやや歩きづらいが、雪解けとともに随所に春の芽吹きがあり、冬の終わりと春の訪れを感じる。ちょうどミズバショウも顔を出していた。田んぼは田植え間近と思われる。

姫川源流 姫川源流 姫川源流
姫川源流
姫川源流 ミズバショウ ミズバショウ
ミズバショウ
自転車の目印
サイクリングコース
田んぼ
遠くに見えるのは白馬連峰
フキノトウ フクジュソウ
春の花
遊歩道
カラマツ林の遊歩道にうっすらと残る雪

大出公園

前回、大出公園を訪れたときは山に雲がかかっていたが、今回は白馬連峰の稜線がはっきり見て取れる。残念ながら川岸のサクラは開花しておらず、今にも開きそうな蕾がついているのがなんとも惜しいところ。

大出公園 大出公園
5月1日夕方には満開になったようだ

落倉自然園

ミズバショウが多く見られる落倉自然園へ足を延ばした。この時期にはミズバショウとともにザゼンソウの姿も。

落倉自然園
白馬の小径の案内
ザゼンソウ ザゼンソウ
唯一正面を向いていたザゼンソウ
落倉自然園 落倉自然園 ミズバショウ
まわりにはうっすらと雪が残る

大糸線と姫川沿いを下る

何の変哲もない場所なのだが、どこからともなくカメラを抱えた人の姿がちらほらと。昼下がりには特急あずさがやって来るのである。

大糸線 大糸線 大糸線
特急あずさ
恐竜
道の駅小谷、桜が満開

ジオパーク

以前も訪れたのだが、せっかくなので糸魚川ジオパークの一つ、糸魚川‐静岡構造線露頭に立ち寄った。根知川の上流には頸城駒ヶ岳と雨飾山がそびえている。ちなみに根知側から雨飾温泉経由(梶山ルート)でも雨飾山に登ることができるらしい。頸城駒ヶ岳は冬に全長100mを越えるカネツコロ(大つらら)ができるという。

頸城駒ヶ岳と雨飾山
頸城駒ヶ岳(くびきこまがたけ)と雨飾山
雨飾山 頸城駒ヶ岳
左:頸城駒ヶ岳(標高1487.4m)/右:雨飾山(標高1963.2m)
ジオパーク
石衛門?

日本海

姫川の流れは日本海へと注ぐ。付近がヒスイ海岸である。

ヒスイ海岸
ヒスイ海岸には、いつ来ても石を拾う人の姿が。
弁天岩
弁天岩と赤い欄干の曙橋、この時期ならではの鯉のぼりが泳いでいる

長者温泉

温泉と海の幸が楽しめる宿と聞きつけ、長者温泉の一軒宿・長者温泉ゆとり館に宿泊。茅葺き屋根の素朴な佇まいのゆとり館は、地元の方によって運営されている「公共の宿」とのこと。売店には地元で採れた山菜が並んでいる。ちなみに、ちょうど田植えの時期と重なっているので、山菜を採る人は少ないそうだ。

長者温泉ゆとり館 鯉のぼり
宿に到着、バス停の近くには鯉のぼり
長者温泉ゆとり館 長者温泉ふぁみりー館
かやぶきの方は古民家を改築した「ふぁみりー館」で、もう一方は「ゆとり館」
棚田
食事は、棚田で採れた地元米の棚田コシヒカリ
夕食 お刺身
夕食はこんな感じ(お刺身の盛り合わせは別メニュー)
朝食
朝食

2012年4月29日(日)晴れ時々曇り

カタクリ群生地

近くにカタクリの群生地があると聞き足を延ばした。群生地とは聞いていたが、道端のいたる場所に咲いているのだから大したものである。

カタクリ
カタクリの群生
道路の残雪
道にはまだ雪が残っている
キクザキイチゲ ニリンソウ
道端のいたる場所に咲いている花
名立谷浜IC
名立谷浜を経由して北上する

国上山

以前も訪れたことのある国上山に到着。カタクリの花は少し残っていたが、ユキワリソウはほぼ咲き終わり。日和も良く、頂上は多くの家族連れで賑わっていた。

国上寺本堂
国上寺本堂と枝垂れ桜
国上山 登山口
国上寺脇の登山口
田園風景 ツツジ
途中にある展望台からの眺め、眼下に広がる田んぼは田植え間近か?
国上山山頂
山頂(標高313m)からの日本海は…眼前に木が茂り見晴らしはあまり良くない
蛇崩れ
山頂から少し降りると蛇崩れが現れる

駐車場前の「ちご道登山道」に到着。朝日山展望台は越後平野と大河津分水路が見渡せるのだが、花曇りのせいかぼんやりとした景色であった。

朝日山展望台
朝日山展望台
朝日山展望台 八重桜
山桜は3~4分咲と言うところか?
千眼堂吊橋
「新潟の橋50選」の一つ、千眼堂吊橋を渡ると良寛が過ごした五合庵(ごごうあん)がある

弥彦山

国上山の近くにある弥彦山へ。弥彦山スカイラインやロープウェイもあるので、山頂へのアクセスは容易。そして弥彦山の高さが634mなので、ちょうど東京スカイツリーと同じ高さだと宣伝しているようだ。

弥彦山 弥彦山頂 大平園地
山頂からの眺め

彌彦神社

麓にある弥彦神社にも立ち寄った。桜の見頃は終わっていて、夕方ということもあり参拝客などはそれほど多くなかった。境内は広く、木々がうっそうと繁っている。

彌彦神社 彌彦神社 彌彦神社
彌彦神社
彌彦神社 彌彦神社
人もまばら
サクラ
境内の桜

弥彦公園

弥彦駅前にある弥彦公園は16万㎡におよぶ広さの公園で四季折々の花が楽しめるようである。中でも秋の「もみじ谷」は紅葉シーズンの人気スポットだ。

弥彦駅
弥彦神社の本殿を模した木造の入母屋造の駅舎
弥彦公園
弥彦公園

コメントをどうぞ

XHTML: 次のタグを使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

アーカイブ

Feed

メタ情報