現在のページの位置: 旅ろぐねっと > blog

旅ろぐねっと

旅の途中で出会ったいろいろな出来事について、綴っていきます。

小江戸に桜吹雪、利根川沿いの町 潮来・佐原めぐり

茨城県潮来市にある長勝寺を訪ねた。長勝寺では満開の桜が見頃を迎えている。その後、利根川を挟んで対岸に位置する水郷・佐原を散策した。

春の大井川、桜街道をゆく

そろそろ桜の花が満開になる季節。桜のトンネルを抜けるSLが見られるということで、大井川鐵道沿線の川根町を訪れた。今年は当初、例年にないほどの早咲きとの予測だったが、満開の桜は見られず残念。

今再び、ときめきの奈良大和路

奈良の平城京へ遷都した710年から、もうすぐ1300年が経とうとしている。奈良といえば修学旅行で訪れる方も多いと思うが、観光地としては京都に比べて地味な存在なのかもしれない。とはいえ794年に平安京(京都)へ遷都するまで、古く飛鳥時代に聖徳太子が活躍した時も都は奈良の地にあった。要するに日本が国として発展するところの原点だとも言える。今回は「奈良再発見」の旅である。

南国ムードたっぷり、一足先に春を彩る南房総

一足先の春を感じるべく、南国ムード漂う南房総エリアを巡った。青い空のもと、太海フラワーセンターではたくさんのお花に囲まれ、まさに春の気分。そしてジューシーないちごをたっぷり食べ、さらに地魚海の幸を味わった。

新宿御苑100周年

東京、新宿にある新宿御苑を訪れた。新宿御苑は、都市公園としての機能を併せ持った庭園である。2006年4月から2007年3月までは、新宿御苑100周年を記念したイベントなどが行われている。また冬から春にかけての季節に咲く花はそれほど多くはないが、カンツバキやスイセンなどは綺麗な花を咲かせている。フクジュソウも、そろそろ見頃を迎える。

新春 鎌倉瑞泉寺と寒牡丹

正月の余韻が残る中、鎌倉の瑞泉寺と鶴岡八幡宮を訪ねることにした。瑞泉寺では、夢窓国師による岩庭が見事。また鶴岡八幡宮では、牡丹が見頃を迎えている。

秋の群馬・伊香保を楽しむ日帰り旅

上毛野はにわの里公園で、復元された古墳を見た後は、園内にある「かみつけの里博物館」で付近の歴史を学ぶ。水澤観音にお参りし、さらに榛名富士を見つつ榛名湖観光をした後は、家族連れで楽しめる「伊香保おもちゃと人形 自動車博物館」に立ち寄った。

神秘の秘境・黒部峡谷と立山黒部アルペンルートをゆく

黒部峡谷鉄道のトロッコ列車で紅葉を楽しみ、宇奈月ニューオータニホテルに宿泊。翌日は立山駅から扇沢まで、6種類の乗り物を乗り継ぎ「立山黒部アルペンルート」を抜ける。室堂では自然散策もできて、運が良ければライチョウの姿が見えるかも。黒部ダムでは期間外の観光放水も実施されていて迫力満点。

アーカイブ

Feed

メタ情報