現在のページの位置: 旅ろぐねっと > blog > 関東地方 > 雪の中にも湯が涌くよ草津温泉

雪の中にも湯が涌くよ草津温泉

雪景色と温泉を楽しみに日本三名泉の一つとされる群馬県の草津温泉に出掛けた。外湯めぐりを楽しんだり、草津片岡鶴太郎美術館でのんびり作品を鑑賞したりした。

2017年1月20日(金)雪のち曇り

温泉街

東京駅から草津温泉への直行バス(八重洲南口10:10発・上州ゆめぐり東京3号)に乗った。途中の上里SAで休憩を取るものの、草津温泉バスターミナル(13:46着)まで、乗り換えなしで3時間半~4時間程の気軽で楽な旅である。

草津温泉駅
草津温泉駅
草津温泉
雪に埋もれる「湯路広場」

光泉寺

日本三大温泉薬師の一つとして有名な光泉寺を訪ねた。参道の階段を登ると、境内から湯畑をはじめ温泉街が見渡せる。

光泉寺
光泉寺山門
釈迦堂
釈迦堂
光泉寺 光泉寺
光泉寺から湯畑や温泉街を眺める

湯畑

温泉街の中央に位置する湯畑では毎分4000ℓの源泉が湧き出していて、常にもうもうとした湯けむりが舞い上がっている。湯畑はまさに草津温泉のシンボルで、周囲にはみやげ屋や飲食店が軒を連ねている。湯畑の周りをぐるっと一周する事が出来る。

大源泉 大源泉
湯けむりがもうもうと舞い上がる
木樋 木樋
湧き出たお湯が木樋を通る
木樋
湯の花を沈殿させ後に土産の「湯の花」が採れる
湯滝
木樋から滝となって流れ落ちる源泉
滝壺
滝壺はエメラルドグリーンの源泉
瓦を敷きつめた歩道 標識
みやげ屋や飲食店が軒を連ねる。瓦を敷きつめた歩道が目を引く

外湯めぐり

外湯めぐりでは、源頼朝が発見して入浴したという言い伝えのあるいで湯「白旗の湯」に入った。

草津温泉
白旗源泉
白旗の湯 白旗の湯 白旗の湯
草津温泉内で最も大きな共同湯「白旗の湯」
千代の湯 千代の湯
千代の湯
お地蔵さん
お地蔵さん
地蔵の湯 地蔵の湯
地蔵の湯 硫黄の香りと湯の花がいっぱい
地蔵の湯 足湯 地蔵の湯 足湯
地蔵の湯 足湯
道案内
道案内

旅館街

旅館街を歩く。旅館の玄関先は雪かきを終えて奇麗になっていた。

屋根の雪 屋根の雪
屋根の雪
温泉街 温泉街
雪かきが終わった温泉街

店頭の「あげまんじゅう」の幟に惹かれて店の中へ。お店で製造している温泉まんじゅうを店頭で揚げて販売しているお店である。湯畑を眺めながらアツアツを頂くのが良い。

山びこ温泉まんじゅう
あげまんじゅうが有名
湯畑
夜は湯畑がライトアップされる
旅館上村屋 温泉
旅館上村屋に宿泊
夕食 朝食
夕食と朝食

2017年1月21日(土)雪のち曇り

昨夜から雪が降り続けたようだ。早朝に窓から外を眺めると、家々の屋根は今にも滑り落ちそうな雪で覆われていた。

降り積もる雪 屋根の雪
しんしんと降り積もる雪

西ノ河原公園

雪の降る中を西ノ河原公園に行ってみた。辺りは一面の雪、水墨画のような景色が一面に広がっていた。また湯川にはチャツボミゴケが生息しているというので、初夏の頃にでもまた訪ねたいと思う。

西ノ河原通り 西ノ河原通り
西ノ河原通り
西ノ河原公園 西ノ河原公園
西ノ河原公園入口
エメラルドグリーン
温泉の池
湯川
遊歩道を振り返る
草津穴守稲荷神社
草津穴守稲荷神社
遊歩道を歩く
温泉の池
温泉の池
西ノ河原
園内に流れる湯川
不動滝 不動滝
中央に不動滝
西ノ河原公園
左に展望台
西ノ河原
水子地蔵尊と東屋
木樋
木樋を温泉が流れる
湯川 湯川
湯川

草津片岡鶴太郎美術館

ドラマ・映画・演劇に活躍中の片岡鶴太郎さんの作品を展示している美術館である。日常のありふれた題材を扱った親しみやすい作品を鑑賞して来た。

草津片岡鶴太郎美術館
草津片岡鶴太郎美術館
今年の干支
ピーちゃん

湯畑

美術館から温泉街へ戻る。ちょうど昼時となり湯畑の近くにあるそば屋さん「柏香亭」で一休みした。

柏香亭 柏香亭
湯畑の近くにあるそば屋さん「柏香亭」

昨日の夜から降り続けた雪も午後には止んだが、湯畑の景色は昨日とは違う様相である。木樋の上にも雪が積もり温泉の熱で徐々に溶けていく様子がうかがえる。これぞ銀世界の湯の町である。

湯滝と滝壺 湯滝と滝壺
湯滝と滝壺
木樋 木樋
木樋の上にも雪
大源泉 大源泉
大源泉をもう一度眺めて・・・

本家ちちや本店で温泉まんじゅうを買い、草津温泉駅バスターミナルへ向かう。

本家ちちや 本店
本家ちちや 本店
草津マンホール 草津マンホール
「ゆもみちゃん」が湯もみをしているデザインの草津マンホール

高速バスで帰宅途中、工事中の八ッ場ダムが見えた。

八ッ場ダム橋梁
工事中の八ッ場ダム橋梁

コメントをどうぞ

XHTML: 次のタグを使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

[PR] じゃらん

    アーカイブ

    Feed

    メタ情報