現在のページの位置: 旅ろぐねっと > blog > 中部地方 > ぐるり伊豆半島、下賀茂・網代

ぐるり伊豆半島、下賀茂・網代

1995年8月23日-8月25日

伊豆半島をぐるりと観光する。途中、下賀茂温泉、下田海中水族館、網代などに立ち寄る。

1995年8月23日

東名高速道路、小田原厚木道路経由して、西湘バイパスの石橋で降りた。ここから先は伊豆半島に沿って、ひたすら国道135号を進む。途中には真鶴道路などの有料道路もあるが、今回はあえて一般道を選び、のんびりと景色を眺めながらの旅となった。

海の上の水族館

下田海中水族館に到着。その名の通り、海の中に浮かんだ水族館である。そのため、水槽のある「アクアドームペリー号」へ移動するには、桟橋を渡っていく。

餌付け
餌付けの時間には、多くの魚が集まってくる

この水族館に来たからには、名物でもあるイルカとアシカのショーを見ない手はない。それぞれのショーの時間をチェックし、それらのショーの合間に他の魚たちを眺めることにした。他にもラッコの餌付けや魚の餌付けなどもあるので、ショーの合間の時間を持て余すことはないだろう。

ジャンプする2頭のイルカ
ダイナミックさが魅力のイルカショー

かぎ山

下賀茂温泉の旅館かぎ山に宿泊。

夕食

1995年8月24日

下賀茂温泉を出発し、天城トンネルを抜けたあたりに、河津七滝(ななだる)がある。

河津七滝ループ橋を登る。

イノシシがいっぱい

天城峠を越え、天城猪苑に立ち寄る。天城猪苑は、玉乗りや輪くぐりといったイノシシのショーや、イノシシレースなどが楽しめる、イノシシのテーマパーク。

タヌキのショーも行われていて、タヌキがくるくる回っている。タヌキが茶釜から首を出し、さながら「ぶんぶく茶釜」の様相だ。

タヌキ
橋を渡るタヌキ

そして、いよいよイノシシレースが始まる時間。何を隠そう、入場券に書いてある色のイノシシが一着になれば、景品(イノシシのぬいぐるみ)がもらえるのだ。

しかし残念ながら、お目当てのイノシシは入賞できず。

ところで、園内には「人間のオリ」なるものがあるのだが、動物園にあるようなプレートまで付いていて、かなり本格的な造りである。記念撮影用にもってこいな代物。

浄蓮の滝

川岸まで180段という石段を降りると、滝からの水しぶきとともに、目の前に浄蓮の滝の姿が現れる。比較的大きな滝で、高さは27m、幅は7mとのこと。

滝
浄蓮の滝

修善寺道路、中伊豆バイパス(冷川トンネル)を経由し、海岸線の道路へ出る。

網代観光ホテル

本日は網代観光ホテルに宿泊。窓の外には海が広がる。

海
海を一望

舟盛り
舟盛りを注文

1995年8月25日

海の見える美術館

熱海駅の近くにある、MOA美術館に寄った。この美術館は岡田茂吉氏の収集品を展示した美術館。庭園散策もできる。

クイズをやっていて、クリアファイルをもらった。

おみやげに「富岳三十六景 神奈川沖浪裏(葛飾北斎)」のキーホルダーを購入。

コメントをどうぞ

XHTML: 次のタグを使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

アーカイブ

Feed

メタ情報