現在のページの位置: 旅ろぐねっと > blog > 中部地方 > 千畳敷カールの紅葉と木曽駒ヶ岳登山

千畳敷カールの紅葉と木曽駒ヶ岳登山

木曽駒ヶ岳登山の起点となっている千畳敷カールは、ロープウェイで容易にアプローチ出来る絶景スポットである。例年秋になると鮮やかな紅葉が訪れる人々を魅了する。今年も紅葉が見頃を迎えたとの情報を見て千畳敷カールを訪れた。

2017年10月8日(土)晴れ

千畳敷カールに向かう

菅野台バスセンター

千畳敷カールは名高い紅葉スポットである。紅葉シーズンの休日ともなると多くのハイカーや観光客が押し寄せ、ロープウェイは2~3時間待ちになるという。マイカー規制のため菅野台からロープウェイ駅まではバスを利用する。5時30分の始発バスに合わせて深夜に家を出発し、高速道をひた走り5時前に菅野台バスセンターの駐車場に到着した。バス乗車券を買おうと窓口に向かうと既に長蛇の列が出来ていた。やっと乗車券を買い今度はバスを待つ乗客の長い列に並び直す。臨時バスも出ている様子で、やがて乗車の順番になり無事にバスに乗り込むことが出来た。

中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイ

菅野台バスセンター(標高850m)からバスに乗り、つづら折りの急な道路を登ること30分程でしらび平駅(1662m)に着く。ロープウェイの乗車順番札を受け取り乗車の順番を待つが、今回は割に早く乗車することが出来た。ロープウェイは日本一の高低差(950m)を一気に上り8分足らずで千畳敷駅(2612m)に到着した。駅建物にはホテル千畳敷が併設されている。

ロープウェイ
ロープウェイの彼方に富士山が見える。

千畳敷カールから木曽駒ヶ岳に登る

千畳敷カール

山頂駅から遊歩道を辿り剣ヶ池に下りる。千畳敷の紅葉は既にピークを過ぎたようだが、カール地形の正面に急峻な宝剣岳(2931m)がそびえる様は雄大で素晴らしい。千畳敷カールの絶好の撮影ポイントである。

剣ヶ池 剣ヶ池
剣ヶ池
宝剣岳
宝剣岳
千畳敷カール 千畳敷カール
千畳敷カール
剣ヶ池から八丁坂に向かう遊歩道
剣ヶ池から八丁坂に向かう遊歩道

八丁坂

遊歩道をしばらく登ると八丁坂分岐で駒ヶ岳神社からの遊歩道と合流する。ここからは八丁坂の急な登りとなる。今回のコースで一番苦しい場所だ。

八丁坂分岐付近
八丁坂分岐付近
千畳敷カール上部
千畳敷カール上部
駒ヶ岳神社からの遊歩道と合流
八丁坂分岐で駒ヶ岳神社からの遊歩道と合流
南アルプスの山々 南アルプスの山々
振り返ると南アルプスの山並みが見える
八丁坂
ごろごろとした岩が続く八丁坂
八丁坂上部 八丁坂上部
八丁坂上部

乗越浄土

八丁坂を登り切ると乗越浄土(のっこしじょうど)と呼ばれる尾根に出る。視界が一気に開け、眼下には千畳敷カールが広がり、遠くには南アルプスの山々が見える。乗越浄土で一休みし木曽駒ヶ岳に向かう。中岳(2925m)を越えれば木曽駒ヶ岳(2956m)が目の前に見える。宝剣岳の荒々しい山容に比べ木曽駒ヶ岳はなだらかで優しい。

乗越浄土
乗越浄土
宝剣山荘
宝剣山荘
天狗岩
天狗岩
宝剣岳
中岳から見た宝剣岳
中岳山頂
中岳山頂
木曽駒ヶ岳 木曽駒ヶ岳
中岳から見た木曽駒ヶ岳
テント
駒ヶ岳頂上山荘の横にある木曽駒ヶ岳唯一のテント場

木曽駒ヶ岳山頂

木曽駒ヶ岳の山頂に着く。木曽駒ヶ岳(2956m)は中央アルプス最高峰で日本百名山の一つに数えられる名山である。山頂からの眺望が素晴らしく、晴れていれば富士山を始め南アルプスや北アルプスなど3000m級の山々の殆どが見渡せるそうである。今回は少し雲がかかり北アルプスは見えなかった。

木曽駒ヶ岳山頂
木曽駒ヶ岳山頂
木曽駒ヶ岳山頂 木曽駒ヶ岳山頂
木曽駒ヶ岳山頂
宝剣岳
宝剣岳
宝剣岳 木曽駒ヶ岳山頂からの眺め
木曽駒ヶ岳山頂から中岳・宝剣岳を望む
木曽駒ヶ岳山頂 木曽駒ヶ岳山頂
山頂からの眺め

下山

暫しの間山頂からの眺めを楽しんだ後、木曽駒ヶ岳を後にした。復路は中岳山頂を迂回する巻き路を通り、八丁坂分岐から駒ヶ岳神社に到る遊歩道を経て千畳敷駅へ戻った。

巻き路 巻き路
巻き路
遊歩道
遊歩道から見た千畳敷駅
千畳敷駅周辺
千畳敷駅周辺の庭
千畳敷カール
千畳敷カール

帰路

復路はさほど混雑もなく、千畳敷駅からロープウェイとバスを乗り継いで菅野台バスセンターに到着した。帰路、伊那市の農産物直売所小出ファームセンター、下諏訪市の矢木温泉に立ち寄り、佐久市で食事をして帰宅した。

農産物直売所
農産物直売所ファームセンター小出
矢木温泉
矢木温泉
藤蔵屋
夕食のため立ち寄った藤蔵屋
もりそば カツ丼 天丼 かき揚げ
夕食

コメントをどうぞ

XHTML: 次のタグを使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

アーカイブ

Feed

メタ情報