現在のページの位置: 旅ろぐねっと > blog > 関東地方

旅ろぐねっと

旅の途中で出会ったいろいろな出来事について、綴っていきます。

町ぐるみのもてなし真壁ひなまつり

茨城県桜川市で開催中の真壁ひなまつりへ。160軒以上の家々がひな人形を飾るというイベントで、もともとは「寒い中、真壁に来てくれた人をもてなそう」という一言から始まったとされる。歴史を感じる町並みと雛人形に出会う。

春の香りの奧湯河原で人間国宝作品に触れる

奧湯河原温泉に一泊二日で(1月14~15日)出掛けた。1月にもかかわらず暖かく柔らかい陽ざしが心地よい。また小田原城周辺の梅がほころび始め春の香りが感じられた。

鋸南江月水仙ロードと白間津の花畑

早くも春の気配を感じる房総半島へ。山の斜面一面にスイセンが咲き乱れる光景は圧巻。また千倉にある「白間津のお花畑」でもストックなど色とりどりの花が咲き、春の到来を感じられる。

昇仙峡の紅葉を眺める渓谷ウォーキング

富士川の支流にある景勝・昇仙峡を歩く。秩父多摩甲斐国立公園を代表する景勝地と言われ、長潭橋から仙娥滝までの全長約5キロメートルに亘る渓谷である。東京から2時間弱ということもあり、紅葉の見頃時期には多くの人が訪れるという。

桃の花が満開の古河桃祭り

古河桃祭りに出掛けた。桃林は見頃をむかえピンク色の花桃が鮮やかに咲き誇っていた。

偕楽園と弘道館の梅まつり

水戸の偕楽園では梅の花が見頃を迎えている。梅祭り期間中、偕楽園と弘道館で梅を観賞した。

雛人形がずらり、南房総のビッグひな祭り

千葉県勝浦市で開かれている「ビッグひなまつり」を訪ねた。期間中は雛祭りに会わせて街全体に雛人形が飾られており、近年では勝浦の名物ともなっている。御宿にある月の沙漠公園にも立ち寄った。

香取神宮と水郷佐原

少し風があるものの晴れ渡る青空の下、香取神宮へ初詣。水郷佐原へ立ち寄り江戸時代を彷彿させる町並みを散策して今年の旅の始まりとなった。

アーカイブ

Feed

メタ情報