現在のページの位置: 旅ろぐねっと > blog > 東北地方

旅ろぐねっと

旅の途中で出会ったいろいろな出来事について、綴っていきます。

リンゴと岩木山の似合う弘前城

桜の花が終わる頃にリンゴが開花となる。残雪の岩木山を背景に裾野に広がる白い絨毯は、必見の光景と言える。弘前城は2015年夏から大規模な石垣修理事業が行われるので、その前に現在の姿を見ておこうと思い訪ねた。

阿武隈の秘境、渓流を見ながら歩く

阿武隈の秘境と言われ、四十八滝が連続する滝川渓谷。11月半ば、軽いトレッキングを兼ねて紅葉狩りに出掛けた。赤や黄色に染まった葉が陽に輝き見事な紅葉を堪能できた。

三陸地方で新鮮な海の幸に舌鼓を打つ

八戸から宮古まで東北地方太平洋岸を南下する。三陸海岸のほぼ北半分にあたり、風光明媚な海岸線が続く。太平洋に面していることから過去に幾度となく津波被害を受けた地域でもある。折しも2011年3月11日の東日本大震災で被災した地域であるが、それなりに復興が進んでいる場所もあり、観光客も戻りつつあるようだ。

森吉山と秋田駒ヶ岳で花三昧

まだ雪の残る秋田県の森吉山と秋田駒ヶ岳へ出掛けた。いずれも高山植物が豊富。秋田駒ヶ岳では、かねてより訪ねたいと思っていたムーミン谷に咲くチングルマの群生を満喫できた。

雪の残る初夏の岩木山登頂

梅雨入り前の青森から秋田を訪れた。1日目は日本百名山としても知られる岩木山に登り、嶽温泉に宿泊。2日目は八幡平・大場谷地湿原と抱返渓谷を歩き、乳頭温泉郷・蟹場温泉に立ち寄る。

秋の十和田・奥入瀬ウォーキング

紅葉シーズンの奥入瀬渓流を訪れた。奥入瀬渓流沿いをのんびりと歩けるイベント「奥入瀬渓流エコロードフェスタ」が開催され、当日はマイカーの乗り入れも禁止されていた。紅葉シーズン真っ盛りで天気も良く心地よいウォーキングを楽しんだ。

色とりどり磐梯吾妻スカイライン

紅葉真っ盛りの磐梯吾妻スカイラインを訪れた。紅葉時期にはとりわけ人気のコースである。高湯温泉から土湯峠へ、吾妻の山並みを縫うパノラマコースで秋を彩る絶景に出会うことが出来た。

秋田なまはげと津軽竜飛崎

秋田県の男鹿半島と青森県の津軽半島をぐるりと回った。男鹿を代表するなまはげ文化に触れ、さらに日本海を見ながら海岸線を北上する。津軽半島の北端・竜飛崎に到達。竜飛崎からは北海道・函館の大地を眺めることができた。

アーカイブ

Feed

メタ情報